DADDY VEDA

叙情的で広く深い世界観を持つビートコンダクター。映像を想起させる、
 没入感のあるサウンドを得意とする.BetasとベースとDubwiseを主食に、
 様々な音楽的価値観を咀嚼しながら進化を続けている。

■日経歴

昭和とか平成の狭月間、少年時代を神奈川と静岡で過ごす。

バンドのデモを作る過程でレコーディングやミキシング、DAWを使ったビート構築に目覚める。

2004年、名古屋にてラップトップをベースにしたライブパフォーマンスを開始。
同時にDJ /ターンテーブリストとのユニット「 REBEL BEATZ」を結成し東海地方を中心に活動。

2007年、東京に拠点を移し、様々なプロデュースワークやライブパフォーマンスを精力的展開する。
2009年、自身のビートのみをミックスしたアルバム「世界の支配者」を発表。
2013年、ハンドメイドのビート集「 REBEL BEATZ EP 発表。
2014年、」ANTIDOTE CONCILIUM」とのコラボレーション作品「 Amalgames」を発表。

同プロジェクトの主催イベント」解毒剤NOCTEM」全国ツアーにてDJセットやライブを展開。

ディープや感情の完全な重いビート導体、パパヴェーダ音楽はあなたを深い世界に連れて行きます
あなたがシーンのサイケデリックなイメージを想像できるところ。主にベタ、ベース
、ダブワイズをベースにした、Daddy Vedaは、さまざまなミュージックテクニックを追加して、彼の世界を拡大し続けています。

■伝記 
幼い頃からずっと動いて、Daddy Vedaは神奈川と静岡にまたがって育ちました

彼の音楽的な経歴はハードコアバンドのギタリストとして90年代に始まりました、そして、
彼は彼がデモテープを作っている間発見バンドの
彼はマシンを実行し始めたところ2003年に彼は一年後に住んでいると形成名古屋に移動
1 beatmaker 1人のDJと彼は東海エリアを中心にすべてを行って誰と1つのターンテーブリストで作られた「反乱ビーツ」と呼ばれる単位を。

2007年に東京に戻り、彼はMCのための彼のソロプレイとプロダクションに取り組んでいます。
2009年、彼はレーベルNico Studioから初のビートアルバム「World Ruler」をリリースした。

2013年にep “Rebel Beatz”をリリースした後、彼はAlexと共同で
アートプロジェクト “Antidote Concilium” を作り上げました。